【お願い】タヌキ、ハクビシン、アライグマの情報を求めています

投稿日:

 "埼玉県で生物多様性の変化を把握すること"を目的に、県は2008年から「県民参加生き物モニタリング調査」を行っており、本会も当初からこの調査に協力しています。調査対象となっているタヌキ、ハクビシン、アライグマは、夜行性で日中は見つけにくいため川越市内での分布は不明確ですが、私たちの身近にいる動物となっています。特に、北米原産のアライグマは、最近急速にその生息数を増やし、農作物や住宅への被害が広がり、問題となっています。
 本調査では、絶滅に瀕している動植物だけでなく、環境に適応して広がった動植物のモニタリングも行っています。
 川越市内のこれらの動物に関して、みなさまが持っている情報(目撃日時・おおまかな場所・動物の種類)を教えてください。
 情報は、Fax.又はE-mailでかわごえ環境ネット事務局(環境政策課環境推進担当:Fax.049-225-9800, E-mail: kankyoseisaku@city.kawagoe.saitama.jp)までお寄せください。

<参考>埼玉県:県民参加生き物モニタリング調査
http://www.pref.saitama.lg.jp/site/sub-tayouseihozen/kenmoni-top.html