講演会「いのちを守る種子(たね)の話」(6月23日)・田んぼの生きもの観察会(7月7日)開催(2019年6月のトピック1)

20190623.jpg
ちらしのPDFはこちらからダウンロード

 NPO法人かわごえ里山イニシアチブとかわごえ環境ネットの共催による公開講演会と生きもの調査です。ぜひご参加ください。

★講演会「いのちを守る種子(たね)の話 ~食、健康、環境とのつながりを考える~」
日時:6月23日(日)13:30-15:30(13:00-受付)
場所:ウェスタ川越 市民活動・生涯学習施設(2階)活動室3(川越市新宿町1-17-17)
定員:先着40人(参加無料)
 印鑰智哉(いんやくともや)氏をお招きして、地球と微生物の成り立ちからひも解いて、食、健康、環境とのつながりをわかりやすくお話ししていただき、今話題の重要な「いのちの種子(たね)の問題」について解説いただきます。

★田んぼの生きもの観察会
日時:7月7日(日)9:30-12:00(9:00-受付)
集合場所:高梨農園(川越市福田439)
参加費:500円(中学生以上、会員は無料)
 福田の無農薬田んぼやマコモ田んぼ周辺の水路の生きもの調査と観察会を行います。
全国の農村や学校等で「田んぼの生きもの調査」の指導を行い、自然と共生した里山農業を推進するプロのナチュラリスト、田んぼソムリエの林鷹央講師が生きものの生態をわかりやすく解説します。
会場:髙梨農園(川越市福田439)周辺田んぼ、
定員:先着30人
参加費:500円(中学生以下、会員無料)

 どちらも申込は、電話ではかわごえ環境ネット事務局(Tel.049-224-5866)、メールではかわごえ里山イニシアチブhatsukarinosato@googlegroups.com